☆無料のゲームはどこまで続くか

無料と言う有料への入り口

スマホで遊べるゲームのほとんどは現在、基本プレイ無料ですよね。この無料って究極だと思いませんか?数年前まで無料でここまでクオリティーの高いゲームが遊べるなんて思っていませんでした。しかしよくよく考えてみると・・・昔からあるビジネスの延長線上なんですよね。化粧品などでよくつかわれている手法ですね。そう、お試しお試しサンプルが無料というやつです。あれも一回使ってもらって、そのあとで有料の化粧品を使ってもらうビジネスです。商品に自身が無ければ出来ないビジネスです。

 

もっと身近で考えるとスーパーやデパートの食品売り場で試食が出来ますよね。あれも無料で味をみてもらって、気に入れば買ってくださいという手法です。とりあえず一回試してください。というビジネス手法は身近にいっぱいあるんですよね。

 

ではゲームはこれからどうなっていくのか・・・。スマホのゲーム市場はどんどん拡大しています。本来であれば携帯ゲームで主力だったグリーやモバゲーが主導権を握って、ヒット作を出して行ってもいいところだったんですが、ガンホーのパズドラ・ミクシィーのモンストが完全に主導権を握り、ヒット作の座を譲らない状況が続いています。これは何でなのか?携帯からスマホへの移行がスムーズに行かなかったのと、コンプガチャの影響がおおきいのでしょうね。

 

モバゲーやグリーは収益のほとんどをコンプガチャに依存していたのですが、それを禁止されてしまったので、儲け方がわからなくなったのでしょう。つまりゲームでどうすれば課金をしてくれるのかが分からなくなってしまったんですね。そこで、ゲームは配信し続けてもヒットしない。しかも課金まで持って行くことが出来にくい・・・。そんな状況が続いているように思えます。

 

資金力はあるでしょうから、テレビCMなどで宣伝はするものの、ゲームを垂れ流しているだけなんですね。

 

デパートで美味しい牛肉をいっぱい食べさせて、買ってもらえない・・・。そんな状況と似ていますね。化粧品会社がこぞって無料サンプルを大量に市場に出してしまって、有料で買わなくてもいいじゃん。となってしまったようなものです。

 

他のゲームとの差別化をしてあくまでも無料ゲームは有料への入り口であることを忘れてはいけないと言う事なんだと思います。